interview_idolrenaissance_150325

「YOU」をリリースしたアイドルネッサンス・メンバーへの個別インタビュー。ノーカット版!!

このエントリーをはてなブックマークに追加

文/南波一海 写真/石垣星児(BLOCKBUSTER)



自身初の全国流通盤CD「YOU」を、T-Palette Recordsよりリリースしたアイドルネッサンス。表題曲の他、「恋する感覚」「Good day Sunshine」「ドカン行進曲(己編)」の全4曲を収録する本作について、「YOU」のMV撮影現場におじゃましつつ、ひとりずつ話を聞きました。雑誌『GiRLPOP』用に行ったこのインタビューを、ここではノーカットバージョンでお届けします!



interview_1503251501


百岡古宵



──岩手と東京の行き来は大変じゃないですか?


「元気にやってます。あ! でも……勉強は大変です(笑)。数学がやばいんですよ! 理数系が苦手なんですけど、この間のテストでは理科は珍しく良くて、でも数学が……。」


──やらないといけないことがいっぱいありますもんね。家でも練習しているんですよね。


「家では18時から20時くらいまで、ダンス、歌、ダンスと歌という感じでやってます。ダンスは前から家でもやっていたんですけど、先生に「気持ちを伝えるためには歌も練習しないとダメだから」って言われて。最初は歌とダンスで分けて練習して、そのあと一緒にやるようにしてます。」


──百岡さんのダンスは印象的ですもんね。


「いやあ、乃亜さん(新井)とか、なっこ(比嘉)に比べたらまだまだです。」


──謙遜しなくても。実際、厳しいところで習ってきたわけだし。


「は、はい。歌と比べるとほんの少しは……。(親指と人差し指を近づけて)このくらいです。」


──歌よりかはちょっと自信があると。声にすごく特徴がありますよね。


「この前、理子ちゃん(石野)に指摘されて! 「こよちゃんって、“皆さんこんにちは”って言うときに(声を極端に高くして)“皆さ~ん、こんにちは~”ってなるよね」って! ちょっとムッとしました(笑)。自分の声はイヤですね。一人だけおかしい。妖怪じゃないですけど、変な声してるんですよね。」


──歌うことに関してはいかがですか?


「理子ちゃんとかのんさん(新井)はうまいじゃないですか。なので、2人の歌を聴いて、どういう歌い方をすればいいかまねてみる感じでやってます。」


──確かにグループ内でお互いが影響されているような感じがします。逆に百岡さんがダンスを教えたりは?


「かなぼん(橋本)の専属のダンスの先生みたいになってます。「教えてももこ~(百岡)」って言われるので(笑)。かなぼんは、覚えるのは早いんですけど固いんですよね。滑らかにいかない。それで先生に注意されて。でも本当にわからないときは、最終的に私のところに来るんです。」


──新作「YOU」で自分の頑張ったところや、見てもらいたいポイントは?


「「恋する感覚」かな。理子ちゃんと一緒に歌う落ちサビです。フリに関しては、「ドカン行進曲(己編)」ですね。これがまた面白いんですよ! 演技みたいな要素があって。」


──今、自分が伸ばしたいところはありますか?


「演技に興味があります。バレンタインYouTube動画の企画で演技をやってみたのですが、なっこの演技が素晴らしすぎて。「どうやったらそんなうまくできるの?」って思ってます。お客さんからなっこへ、どういうふうに演技に入り込むのかって質問があって、「台本を読んで、こうする」ってちゃんとした回答をしていて、みんなで「おお~~!」みたいな。これから、また撮影があった場合に……妄想動画とか多分撮影するじゃないですか。それに備えたいです。今は歌と踊りがメインですけど、将来的にはいろんなことを全部できるようになりたいです。歌も踊りも演技もバラエティーもです。」


──東京に出てきたいと思ったりは?


「例えば平日のイベントがあると、私と理子ちゃんの遠征組は出られないことがあるんですよ。そういうのがあると悲しくなります。イベントに出たい~! だから大人になったら東京に出てきて、たくさんイベントにも出られるようになりたいです。」






interview_1503251502


比嘉奈菜子



──ステージを見ていると、比嘉さんは最近明るくなったんじゃないかなって思うんです。そんなことはないですか?


「そんなことは……あると思います。最近前向きになったんです。」


──以前はそうでもなかった?


「若干、後ろ向きでした。パフォーマンスがうまくいかなかったりとか、いろいろなことでうまくいかなくて、うーんって思うことがあって。」


──グループの中での立ち位置に悩んだり。


「はい、そんな感じのことです。」


──何か変わるきっかけがあったのでしょうか。


「(宮本)茉凜と話してて勇気づけられたこともあったし、いちばんはお母さんと話して、だんだん前向きになれたっていうのがあります。土日の夜は大体お母さんにその日のことを話しながらご飯食べてます。後ろ向きに悩んでも仕方がないから、前向きに吹っ切っていこうと。」


──それが最近のことだったと。


「はい、今年に入ってからです。」


──その時期を越えられてよかったです。では「YOU」のおススメポイントを聞かせてください。


「1曲ずついいですか? 「YOU」はサビの“きみを抱きしめてたい”のところのフリが、本当に抱きしめてるみたいなんですよ! そこが、おお~って。」


──おお~ってなりますよね。百岡さんが比嘉さんの表現力をうらやましがってましたよ。


「ええ!? 違います、違います! うれしいんですけど、ありがたいですけど……恥ずかしいです。「ドカン行進曲(己編)」はアイドルネッサンスのやっている曲の中でも特に好きなんです。この歌をやるって聞いたときは、好きな曲だったので驚きました。フリが独特なのも見どころだし、歌詞も面白いので聴いてほしいです。「Good day Sunshine」はキラキラしていて、明るくなれます。「恋する感覚」は、1曲の中に恋をする感覚の表現が全部詰まってるんです。歌詞で表現するのってこんなにすごいことなんだって思いました。“きゅるり”とか絶対思いつかない。小出(祐介)さん本当にすごいです。」


──この春で中学校卒業ですが、アイドルネッサンス以外に挑戦したいことはありますか?


「もともと女優さん志望で、沖縄から東京に出てきたので。アイドルネッサンスで活躍して、そこから演技する場に出ていけたらなって思ってます。」


──なるほど、だから演技が。


「力入れてるところなんです(笑)。前向きになれたって言いましたけど、やっぱり自分にまだ自信がないんです。そこは絶対に変えていきたいです。ハッキリ意見が言えないんですよ。甘くなるというか、ゆるくなる。茉凜みたいにハッキリと言えるようになりたいです。」




アイドルネッサンス/橋本佳奈、宮本茉凛、百岡古宵、石野理子、南端まいな、比嘉奈菜子、新井乃亜の7人から成るアイドルグループ。2014年5月4日結成。同年7月7日、「17才」でCDデビュー。現在、東京各地でリリースイベント開催中。また、AKIBAカルチャーズ劇場にてレギュラー公演を行っている。詳しいスケジュールはオフィシャルHPをチェック。

LINK
・アイドルネッサンスオフィシャルHP