150721-OA-141001

ニューシングル「Aviator/Boogie Aroma」発表。どんどん進化していくEspeciaに注目

このエントリーをはてなブックマークに追加

文/南波一海



メジャー初シングルながら新たな挑戦が詰まったシングル「Aviator」を発表したEspecia。楽曲、パフォーマンスともに進化が止まらない5人だが、新メンバーオーディションも大詰めを迎え、今年下半期は更なる飛躍が期待できそう。そんなEspeciaへのインタビューを、本誌未掲載の内容をプラスして、スペシャルロング・バージョンでお届け!



──東名阪広クアトロツアーおつかれさまでした。手応えはいかがですか。


冨永 個人的にはもうちょっとできたかなって。


──それはパフォーマンス?集客?


冨永 集客ですね。ツアー前にもっとお客さんを動かせられたらソールドアウトできたのかなって。今回は当日券も出ていたし、それも売り切れなかったので。それが悔しい点。

三ノ宮 しかも今回はライブイベント“アイドル甲子園”さんの協力で、“アイドル甲子園”の半券を持っていたら1000円で入れるとかやってもらったんですよ。


──一般チケットが2000円でペアチケット3000円というのもありましたもんね。


三ノ宮 1000円でワンマンライブって安すぎですよね。

冨永 「Especiaセール中」とか冗談で言ってたんですけど、セールでも売れ残っちゃったかなって。

三ノ宮 でもうれしいことに、1000円であれだけのものが見れたっていう感想を言ってくれる方もいました。


──ライブ自体はいかがですか。


冨永 そうですね……みんなはどう?

脇田 団結してできたと思います。(森)絵莉加が腰痛になったりしてトラブルに見舞われたんですけど、助け合って乗り越えられたのがよかったんじゃないかなって思います。

 (腰痛は)名古屋、渋谷がひどくて。大阪、広島はなんとかいい感じにできました。大阪はちょっとやばかったんですけど、渋谷よりは全然マシでした。ツアー前に新曲のフリ入れをしたりで無理しすぎちゃったみたいで、(腰痛が)きちゃいました。単純に悔しいです。申し訳なさがある。メンバーの中でいちばん若いのにおばあちゃんみたい。

三ノ宮 尊敬する。頑張り切ってた。

 いやいやいや。メンバーにめっちゃ助けてもらいました。

三瀬 みんなで荷物奪ってな。

三ノ宮 勝手に運んだりした。気づいたら絵莉加の荷物がなくなってる(笑)。ライブは、今回はバンド編成じゃないから余計気になりました。自分たちだけやとこんな感じなのかなって。バンドでやっていたらどのくらいお客さんが来てたのかなとか。


──スペシャルなものではない、普段のやり方でどれだけできるかという挑戦でもあったわけですね。思ったよりも順調にいかないものだったと。


脇田 メジャーデビューまでが順調に行きすぎたところもあって、今すごく考えさせられてるところです。

三瀬 難しいなって。


──……若干暗い感じに(笑)。


 でも、前向きに行かないと止まっちゃうんで。

三ノ宮 ここ(三ノ宮・森)は結構プラスに考えるタイプ。

 人を集められなかったのは事実で、受け止めないといけない。来てもらえなかったことについては何か原因があったんやろなって考えないと。けど、それを踏まえた上で次に生かせるようにしよって思わないと前に進まないじゃないですか。次のステップですね。考えるところは。

三ノ宮 ポジティブはいいことや。

 落ち込むのは落ち込むけどな。

三瀬 まだまだだったけど、今回のツアーで初めて見てくださった方も大勢いたので、それはプラスになったんじゃないかなと思っていて。「音源は聴いていて、ライブは躊躇してたけど来てみたらよかった」「また来たい」って言ってくれるお客さんもいたのはよかったと思います。巻き込んじゃえばこっちのものなんで。

三ノ宮 その人たちが次も来てくれたら。


──リリースイベントが多いし、いつもたっぷりやりますもんね。もったいつけずに。


脇田 あ、もしかしてそれでレア感がなくなってる!? たくさんやったほうがワンマンに来てくれると思ってるかも。

冨永 私もそっち派で、リリイベもフリーライブも毎日やりたいくらい(笑)。でも「お金払わんでも見れるし」くらいになるのかな。

 お客さんからしたらそう思ったりするかも。


──戦略面は大人の皆さんに考えていただくとして。でもやっぱり、あれだけの数をこなしてきたから今のライブの説得力があるんだろうし、新曲のクオリティーに繋がっているとも思うんですよ。「Aviator」はすごく難しい歌じゃないですか。歌詞を見ながら一緒に歌うのが難しくて。


冨永 譜割りとかややこしいですよね(笑)。たしかに歌詞はめっちゃ難しい。曲のレベルがどんどん上がっていて、今まででいちばん難しいです。


──そんななかでもスキルフルな歌を聴かせてくれるじゃないですか。


脇田 スキルフル!

 スキルフル?

三瀬 意味がわかってない(笑)。


──うまいという意味です。歌声もかなり変わってきましたよね。


 自分では全然わからん。

冨永 私は歌い方を変えました。喉を開くようにして、腹の底から出す方法を研究して。「DULCE」とか、最初の頃に比べて太くなったし、幅が広げられたかなと思います。


──Tierra盤の「Aviator」の別バージョンでは、(脇田)もなりさんの「頬を冷たく撫でて行く」がものすごくソウルフルで。


脇田 ノリで歌い分けていたやつが使われたんですね(笑)。ディーバみたいな声出してって言われて出しました。「頬を」と「うぉうを」と録って、オリジナルのほうでは普通の「頬を」が使われました。


──「Boogie Aroma」はいかがでしょうか。


冨永 「Boogie Aroma」のほうは(作・編曲が)PellyColoさんだからかわいい音がいっぱい詰まっていて。

脇田 いつも不思議な世界に連れていってもらってる感じです。バラードやけどお茶目で、大人っぽいよな。

 うん。初めて聴いたときからこの曲めっちゃかわいいって思いました。

三ノ宮 サビが繰り返しなのでみんなで歌ってほしいです。


──Espacio盤にはライブ音源が長尺で収録されています。


三瀬 50分越え。

三ノ宮 車で東京に来るときに聴いていて。寝ようと思ったんですけど、気になって全然寝られなかった。

 頭のなかでダンス踊ってまうから寝れない。仕事モードになっちゃうんですよ。ダンスやらな、歌わなって。


──メジャー初シングルと謳っているけど、これは結局1時間くらいあるという。


三ノ宮 ここでもサービス精神が(笑)。

脇田 昔からてんこ盛りでやってきたから。それを聴いてもらえるのはうれしいよな?

一同 うん。


──皆さんはとにかく曲がいいから音楽を聴いてもらいたいということをよく言いますが、今もそれは変わらない?


脇田 いや、これまではCDを聴いて満足してもらいたいと思ってきたんですけど、私たちをもっと知ってもらわないといけない段階に来ていると思うようになってます。自分たちがまず頑張ってから、Especiaのライブに来たいと思ってもらいたい。


──そのためにはどうしたらいいでしょうか。


脇田 やれることはたくさんある。MCとかトークも頑張りたい。生誕祭で(三ノ宮)ちかがすごい頑張ってくれて。結構面白くなってきてると思います。みんなちょっとずつ成長しました。

三ノ宮 いつもラフな空間だとめっちゃしゃべるので。トーク以外でも頑張れるところはあるな。美しくなりたい(笑)。

 それ。Especiaも美しくなりたい!


──ウツクシクナッテイルジャナイデスカ。


 めっちゃ棒読み。


──初期に比べて化粧も徐々に薄くなってきていますし。理由はあるんですか?


 毎回メイクも衣装に合わせて決まってて、今回ナチュラルですね!

三ノ宮 時間がかからなくていいです。ちゃちゃちゃっと出れますよ。昔は赤リップとかカラーシャドウとかすごい使ってて。

 赤リップすごかったもんな。

三ノ宮 『GUSTO』のときはみんな自分のメンバーカラーのラインを入れてたり。今はプライベート化粧とほぼ一緒。

脇田 絵莉加が20才になるので、メンバーに10代がいなくなるから。そろそろ落ち着いていこうかみたいな(笑)。


──新メンバー募集については?


 それ、何も知らされていないんです。

三ノ宮 どんな子が来ても受け入れられる。

三瀬 来ると思います?

三ノ宮 いじめられそうで受けれない気がする。Especia怖そう。


──来るでしょう。


脇田 小学生とか中学生が来たらどうする?

 かわいい! 大事に育てる(笑)。

三瀬 でも、誰が来ても最年長はぶぅ(三ノ宮)なんですよ。

三ノ宮 そうなんですよ!募集してるのは25歳以下の女性だから(笑)。


──意外に拒否反応がない。


脇田 人によります。


──そりゃそうですね(笑)。仮に若くてすごく歌の上手い人が入ってきたらどう思います?


冨永 ファンの人も増えると思うので、その子を売り出してもらいます(笑)。


──おお。チームにプラスになればいいという考えかたですね。


三ノ宮 そうですね。

脇田 それにうちらも負けてられへんって思いそう。もっと向上心が出ると思う。

冨永 今はそんな感じです。



PROFILE
エスペシア/冨永悠香、三ノ宮ちか、三瀬ちひろ、脇田もなり、森 絵莉加から成るガールズグループ。大阪・堀江を拠点に活動。2012年6月1日結成。2015年2月18日、アルバム『Primera』でメジャーデビュー。7月22日に発表したメジャー1stシングル「Aviator/Boogie Aroma」は、「Espacio盤」「Cielo盤」「Tierra盤」「Mar盤」の4形態で、それぞれ収録内容が異なっている。新メンバーオーディションは募集終了。

公式WEB SITE
http://especia.me