interview_idolrenaissance_150325

「YOU」をリリースしたアイドルネッサンス・メンバーへの個別インタビュー。ノーカット版!!

このエントリーをはてなブックマークに追加

文/南波一海 写真/石垣星児(BLOCKBUSTER)



interview_1503251505


橋本佳奈



──アイドルネッサンスの活動に関して、リーダーとしての気苦労があったりはしますか?


「(きっぱりと)ないです。」


──初めてトランペット・ソロを披露したときくらい?


「トランペット事件ですか! ありましたね~(笑)。でも本当にあのときくらいですね。」


──苦労を見せずにひょうひょうとしているというか、すごく楽しそうにやってますもんね。


「わかります? そうなんですー。」


──あはは。しゃべるときは本当に自然ですよね。


「でもダンスに関してはすごい「不自然、不自然」と(笑)。写真のポーズも演技もすごい不自然って。一生懸命やってるんですけど、「なんか不自然」みたい言われて! 笑われることが多くて。ここフリーポーズでやっていいよっていうところがあるんですよ。「YOU」の最初に振り向くところとか。でもポージングのレパートリーが著しく少なくて。だからすごく頑張りました。」


──そこはウイークポイントだなと思う?


「ポーズにしても、ダンスの先生をまねするところから入って。あとはみんなから勝手に頂いたものをやったり。それでも不自然になるんですよね。」


──ダンス自体はどうですか?


「うまくないのはわかってるので、頑張って追いついていきたいと思ってます。」


──歌に関してですが、橋本さんはハモりが多いですよね。


「理子ぽんの歌声をよく聴いてやってます。ちょっとでもずれたら厳しい人なので、怒られないように頑張ってます。理子ぽんは「こういうラインだよ」っていうのを考えついちゃうらしくて、すごいなと。理子ぽんが歌ってくれて、それを覚えることがよくありますね。元々の音源にハモりが入っていることもありますけど、ちょっとわからないときはやっぱり理子ぽんに歌ってもらって確認しています。(ハモりは)きれいに聞こえるから、楽しくやらせてもらってます。理子ぽんみたいにラインを考えるまではいかないですけど、楽器とかと同じで、決まった音を正確に出すのは得意なほうだとは思います。」


──「YOU」のおススメポイントを教えてください。


「4曲とも素晴らしいんですけど、私的には「Good day Sunshine」が好きな曲で。理子ぽんから始まって、のあねこ(新井)が入ってくるんですけど、その裏で歌わせてもらってるんですね。そこがまぁ、楽しくてですね! 「今ハモってる~」っていう感覚が楽しいんです。「Good day Sunshine」は、他にもハモるところが多いので好きですね。」


──本当にハモるのが好きなんですね。


「でも最近は主メロを歌わないことが多くてですね。ちょっと不思議というか。」


──メインをもっと欲しいなって思ったりもする?


「若干(笑)。主メロを歌いたいっていう気持ちはあります。何ヵ所かはあるんですけど。今は合わせる感じに慣れてしまっているので、リードする側にもなるっていうのが課題です。でもコーラスは難しいからやりがいがあるし、任せてもらるのはありがたいです。」






interview_1503251506


南端まいな



──南端さんは面白キャラというか、ボケキャラが定着してますよね。


「自分で考えて言ってるわけじゃないんですけど、なんか、おかしな感じのYouTube動画が出たりとか。」


──それに関してはどう思っているんですか?


「イヤだなとかは全然思ってないです。「まいな、こんなこと言ったっけ?」っていう動画はいっぱいあります。」


──グループで唯一、グループの負の雰囲気に巻き込まれていない人だなと思ってるんですよ。いちばんマイペースというか。


「性格ですか? 入ってからも全然変わってないです。」


──パフォーマンスに関してはすごく変わりましたよね。声がかなり出るようになって。


「特典会でも言われるようになりました。ちょっと前まではマイクを口にぴったりつけないとダメって言われるくらい声量がなかったんですけど、今は出るようになりました。レッスンとかライブとかをやって、前より体力がついたんだと思います。」


──きっかけってあったんですか?


「特にないです。気付いたら。「ガリレオのショーケース」をやったときくらいから、低い声とかがいいねって言われることが多くなってきて。2番の最初を歌うようになってから、声が出るようになって。」


──それがきっかけじゃないですか(笑)。


「あ、そうだ。それです。」


──「YOU」で下ハモを歌ってますよね。難しくないですか?


「特に「YOU」は、下のハモをまいな1人でやるんです。すごく難しくて。上のハモを2人でやっているからわからなくなるんです。だから、「YOU」を歌う日は下ハモの部分だけをずっと聴いてます。「YOU」はハモが上と下とあるので本当に面白いです。」


──任されたときはどう思いました?


「低い声をいいって言ってもらえるようになって、ハモの部分を1人で任されたのは本当にうれしいです。かなぼんみたいにハモをずっとやっていたわけじゃなかったので。」


──それから、南端さんと言えば活動を始めてから1日も欠かさず更新しているブログですよね。


「丸一年やりました。まだまだ続ける予定です。もう、ご飯を食べるとか寝るとかと同じくらい自然なことで。家に帰ってきたら、「何か書くことあったかな」っていつも考えてます。風邪ひいたときも書きます。ライブって土曜日とか日曜日とか祝日とかじゃないですか。それがない普段のときでも、ファンの方と接すれ……接しれる? 接せれる?」


──あはは。とにかく、そうしてファンの人と接する機会を作っているわけですね。


「そんな気持ちで毎日やってます。」


──今の目標は?


「T-Palette RecordsからCDをリリースするのでいろんな人に広めていきたいのと、高校生になるので、いろんなことを両立できるようになりたいです。」


──それはもしや、勉強ですか?


「勉強です(笑)。勉強をあらためようと思ってるんです、ふふふ。アイドルネッサンスの活動と毎日のブログと勉強の全部をちゃんとやりたいです。それと、自分で思っていることをうまく言葉に出せなくて、説明できないことがあるので、それを伝えられるように頑張りたいと思ってます。」






interview_1503251507


宮本茉凜



──新衣装はいかがですか?


「いや、かわいいと思うんですけど、鏡を見ると「足やばいな」って(笑)。今まで着てきたのも白で膨張色でしたけど、今回は白のニーハイだから本当にやばい! 膨張色のニーハイは本気でやばいじゃないですか。どうしようと思ってます。こんなにかわいいの作ってもらったのにすみません、みたいな。でも、食べちゃうんですよね~(笑)。」


──今くらいの年齢は止められないですよ。どうしたってお腹空くから。


「はい、頑張って運動します。今まで、エンブレムは胸元だけだったんですけど、靴下にもネクタイにもいっぱい付いていて。春だからピンク色だし、すごい気に入ってます。ただ、足だけが!」


──気にしなくていいと思いますよ。


「集合写真を撮るときって、こよ(百岡)の隣になるんですよ。あれ、つらいんですよ! こよって手足が長くて細くて。ただでさえ気にしてるのに、なんでこの人の隣に立たないといけないんだって思います。最近、待ち受け画像をベイビーレイズJAPANの高見(奈央)さんだらけにしていて、「太ったら高見怒っちゃうぞ! プンプン!」みたいなのを作って……。」


──高見さんに注意喚起してもらってると。


「はい、妄想してます。アイドルさん好きなので、細い人を見てやばいなって実感したりしてます。でもこういうところ(MVの撮影現場)に来ると楽しいじゃないですか。ケータリングとかがあって。残すのも悪いなと思って全部食べちゃいます。」


──ひとりだけまったく違う話をしてますね。


「ですよね、路線が(笑)。さっき、こよの話を聞いていたんですけど、確かに演技はもっとうまくなりたいなって思いました。アイドルだし、曲を表現するっていう意味では同じことなので、なっこに教えてもらおうかなと。」


──そもそもの志望は?


「モデルだったんですけど、アイドルネッサンスが楽しくて、今はまず歌を頑張ろうと。せっかく「ドカン行進曲(己編)」で歌い出しをもらえたし。」


──特にやりがいがある曲ですよね。


「歌い出しをもらえたのはびっくりしました。今までは、前奏があって心の準備をして、っていう感じだったんですけど、「ドカン行進曲(己編)」はそれがほぼなくて。自分の歌から始まるっていうのは初めてなので。本当にうれしいです。レギュラー公演で初披露したときは、今までで一番緊張しました。」


──うれしいっていう素直な言葉を聞くとホッとしますね。ヘンに謙遜する人が多いから。


「私も「いやいやいやいや」ってなるんですけど、相手側になってみたら、否定ばかりされるのもいい気持ちしないなって最近気付いたので(笑)。「ありがとう」って言うほうが大事だなと。のあ姉(新井)のそんな行動見て素晴らしいなと思ったので、見習おうと。」


──石野サイドに引っ張られますもんね。


「そうなんですよ! アイドルネッサンスに入って、ここまで後ろ向きな人じゃなかったんですけど、理子ぽんと会ってから「いやいやいやいや」がうつったし、泣き虫になったから、前に戻ろうかなって。ズバズバ言う人でもあったし。」


──以前の宮本さんに戻ってください(笑)。でも比嘉さんは、ハッキリと言える宮本さんが励みになっているという話でしたよ。


「なっことはめっちゃ話します。なっことは曲のときに左右対称の同じ立ち位置にいることが多いんですよ。悩みとか、思ってることも大体一致するんです。最近はめっちゃふたりで語り合って、スッキリすることがよくあるんですよ。そう言ってもらえてうれしいな。」



アイドルネッサンス/橋本佳奈、宮本茉凛、百岡古宵、石野理子、南端まいな、比嘉奈菜子、新井乃亜の7人から成るアイドルグループ。2014年5月4日結成。同年7月7日、「17才」でCDデビュー。現在、東京各地でリリースイベント開催中。また、AKIBAカルチャーズ劇場にてレギュラー公演を行っている。詳しいスケジュールはオフィシャルHPをチェック。

LINK
・アイドルネッサンスオフィシャルHP