idol
scheduler
idol information sharing website

ニュース詳細

  • 【本日19時より】「これほどのマジック・モーメントを体験できることは滅多にない」昨年、大絶賛の嵐を浴びたO-WESTワンマンから約1年。4th mini album『town』をひっさげ、横浜のローカルアイドル・ヌュアンス、本日TSUTAYA O−EASTにてワンマンライブを開催!!!

  • 公開
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • idol scheduler


「これほどのマジック・モーメントを体験できることは滅多にない」

先に上げたこの言葉は、音楽評論家の宗像明将氏が昨年開催されたO−WESTワンマンを受けて口にした言葉だ。2つのバンドセットを用いて様々なジャンルの音楽をノンストップで繋げ、その音を背景にパフォーマンスを行い、洗練された音と歌とダンスで観客の度肝を抜いた。

(参考:横浜のアイドルが2バンドと生みだしたマジック・モーメント~nuance(ヌュアンス)ライヴレポート(宗像明将) - Y!ニュース

nuance(ヌュアンス)20180627 O-WEST
『セツナシンドローム』


そんなヌュアンスが本日19時より、渋谷のTSUTAYA O-EASTで4thワンマンライブ「はじめましてヌュアンスです。」を開催する。昨年観客の度肝を抜いた2BAND SETでの演奏に加え、ヌュアンスの振付を担当している「劇団鹿殺し」所属の「浅野康之」が演出を担当、出演者に劇団鹿殺しの「峰ゆとり」「近藤茶」を加え、ライブの照明は第1期HAMIDASYSTEMのライブで印象深いライティング演出を行った「Astroglia」が担当する。

ワンマンライブを前に、ヌュアンスのプロデューサー・フジサキケンタロウは先日、ツイッター上にて以下のような投稿を行った。今回のワンマンライブがよくあるアイドルのワンマンライブでもなく、だからといってただの変わり種のワンマンライブというわけでもなく、観客にとって「アイドルの大事な瞬間に立ち会うことになるワンマンライブ」
になることが予見される内容のツイートとなっている。

連続ツイートの投稿のほぼ全文をこちらにまとめてみたので、ぜひ読んで欲しい。


“今回のワンマンは劇団鹿殺しの面々にも手伝ってもらって所謂《演出》というものを濃いめにしてますが、アイドルにおける一番の《演出》はメンバーの『成長過程』だと思ってます(自論)。長い人生の中でちょっとしかない時間を《表現》に委ねた4人が日々の中で魅せる『のびしろ』それをオトナが少し背伸びしたステージを用意することで見え隠れする『何か』。舞台上で魅せる新しい『のびしろ』や魅せたことがなかった『表現』。その『何か』がリアルに見て取れるのがアイドルの醍醐味なんじゃないかと思ってます。勝手に。僅かしかないその時間を《表現》に委ねた以上その《表現》をキワッキワまで出せる段取りを組むのがオトナの仕事で、今回のワンマンについては大勢の人に「収支とれんの?」とか「動員できるの?」とか問われたんですけど (〜中略〜) 今、ココでEASTブッ込んだらものスゴイ《表現=進化》がステージ上で観れるんじゃね?っていう事なのです、今回のワンマン。そして、その片鱗をリハでチラホラ見かけます。出来上がったものをパッケージにして届けるエンタメはもう少し先でも良くて。普段なかなか見れない板の上で《進化》するさま。最高にワクワクしませんか?わかりやすく言うと《孵化》なのかもしれません。今、成長する瞬間を笑っちゃうくらいな座組で届けるnuance(ヌュアンス)のワンマンは今度の木曜日、25日です。1日しかありません。一瞬しかない、夜。です(←コレが使いたかった)”



ヌュアンスはいつだって、常に観客の想像を超えようとしてきた。
期待をいい味で裏切って、想像を超えて、いつだってワクワクを提供してきた。
自分たちが表現していることを、必死に、楽しく、そして同時にとても美しく、伝えようとしてきた。

今回のライブは「2BANDE SET」「劇団鹿殺し」「Astroglia」と絡み合うことで、これまで見たことないライブになりそうなのだが、どうやら今回はそれだけにとどまらないものになりそうだ。
(理由は下に記す)

最後に、
ワンマン前日に投稿されたメンバーのmisakiのツイートの全文を引用する。

misaki本人によって手書きされたテキストが画像で投稿されており、ぜひその手書き文字の印象を含めて、画像の文字を追って読んでほしいのだが、文字起こししたテキストをこちらの方にも引用・掲載しておく。

今回のワンマンライブが、楽しかったり、観客の想像を超えるワンマンなだけでなく、
ただワクワクするだけでなく、人が抱えるあらゆる感情を相混ぜになった、
一言で形容し難い何かが生まれる、そんなワンマンになることを感じさせるテキストだ。



“ヌュアンスワンマンライブ、いよいよ明日にせまってきました!!
ということで、最後の最後まで『ワンマンを見に来て欲しい』という思いを綴ります。
このSNS時代に長い文章を載せるのは少しナンセンスかもしれないけど、読んでくれたら嬉しいな!

今まで沢山稽古を重ねてきて、明日何をするかは全部わかってる。
あとはこの2年間の全てを乗せてやるだけ。楽しませるだけ。楽しむだけ。
ワンマンの全容がわかった今だからこそ、言えることがあります。
この4thワンマンは、やっぱり『特別』なんです。

キミの中にある、あの日の思い出、あの日の気持ち、あの日の感覚、そういうものをあたたかく優しく、そしてときに痛みを伴いながら、思い起こさせるでしょう。ただ楽しいだけのライブじゃないかもしれない、もしかしかしたら泣いてしまうほどずきずきするかも知れない。

だけど、そんな気持ちを大切にして欲しいと、私達は思うのです。
明日、キミをまってる。”


活動スタートから2年を経て、
「はじめましてヌュアンスです。」
と”はじめまして”の挨拶をするヌュアンス。

そんな挨拶する今日のヌュアンスはきっと、
「観客がまだ見たことないヌュアンス」
「メンバー自身がまだ知らないヌュアンス」なのだろう。

『タイムマジックロンリー』『town』をリリースし、
表現者として次のフェーズに入ったヌュアンスがこれまでのすべてをかけて、
本日19時より行うO-EASTでのワンマンライブ。

アイドルが表現者として次のフェーズに進む、
「孵化する」瞬間を、
ぜひあなた自身の目と耳と全身で感じて欲しい。
ぜひ立ち会って欲しい。

アイドルを見る喜びのすべてがきっととそこにある。


nuance(ヌュアンス)『タイムマジックロンリー』
(LIVE mix FULL:黒衣装ver.)


==========================
【ライブ詳細】

nuannce(ヌュアンス)

2nd anniversary 4th oneman live
「はじめましてヌュアンスです。」

会場 TSUTAYA O-EAST
開場 18:00 開始19:00
当日券 3,500円(+1drinkl)

関連スケジュール

もっと見る >