篠崎こころ&オトメブレイヴ 安城うららW主演映画「Noise」、モントリオール映画祭での海外初上映が決定

LINEで送る このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年8月23日 17:40


元プティパ-petit pas!-のメンバーで、現在はモデル、DJなどマルチに活躍中の篠崎こころと、オトメブレイヴの安城うららがダブル主演を務める映画「Noise」が、カナダ・モントリオールにて8月24日(現地時間)から開催される「モントリオール世界映画祭」の1stフィルムコンペティション部門に選出された。同映画祭にて初めての海外上映を行う。

映画「Noise」は、ポップカルチャーの聖地でもある東京・秋葉原で起こった2008年の連続殺傷事件をテーマに、社会で生きる人々が抱える孤独や闇を描いた作品。篠崎はリフレ店で働く地下アイドル役、安城は女子高校生役を演じている。

同映画は「モントリオール世界映画祭」での上映を皮切りに、9月の「レインダンス映画祭」などの世界凱旋上映がスタート。日本での公開は2017年冬を予定している。

映画情報

「Noise」
2017年冬公開予定

【キャスト】
篠崎こころ 安城うらら 鈴木宏侑 岸建太朗 來河侑希 日向すず 真中のぞみ 川連廣明 武田一人 太田信悟 川崎桜 久住翠希 小林大介 仁科貴 小橋賢児 布施博

【スタッフ】
監督・脚本:松本優作
エグゼクティブプロデューサー:辻 慶太郎 / 友安 正和
プロデューサー:久保哲哉
製作幹事:小山 徹
ラインプロデューサー:須永裕之
撮影監督:岸建太朗
音楽プロデューサー:banvox
製作:映画「Noise」製作委員会

【ストーリー】
舞台は秋葉原。リフレ店で働く地下アイドル・桜田美沙(篠崎こころ)、女子高校生・山本里恵(安城うらら)、運送業アルバイトの予備校生・大橋健(鈴木宏侑)の3人はそれぞれ、過去のトラウマや、家族との関係、現在・将来の言いようのない不安と悲しみを抱えていた。
孤独や絶望の淵を彷徨い、希望を喪失してしまう大橋と、危うい誘惑と欲望に翻弄される美沙と里恵。行き場を失くした彼らに、都会に孕む狂気と重圧が、容赦なくのしかかっていく。何の接点もない彼らだったが、それぞれの時間と空間が、交差して重なりだしたとき、物語は後戻りのできない臨界点を迎える。
日本のポップカルチャーの聖地であり、今や“世界のアキハバラ”となった若者たちの街・秋葉原。しかし、ここは9年前、世界を震撼させた無差別殺傷事件の現場でもある。あの事件の真相とはなんであったのか、犯人は何故あのような事件を起こしたのか。もしかすると、あの凄惨な事件の被害者、そして加害者にも成りえた、「普通の人々」が織りなす、狂気と混乱、そして再生への物語。

モントリオール世界映画祭 OFFICIAL WEBSITE
「Noise」OFFICIAL WEBSITE



関連スケジュール

今日11/18は、ウルトラガールの新井郁花さんのお誕生日だよ

<  November 2017   >
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最新ニュース