エビ中、夏の恒例野外ワンマン“ファミえん”で31曲熱唱!ニューシングルの発売もサプライズ発表

LINEで送る このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年8月28日 01:28


私立恵比寿中学が8月26日に愛知・モリコロパーク(愛・地球博記念公園)にて「エビ中 夏のファミリー遠足 略してファミえん in モリコロパーク 2017」を開催した。

 “ファミえん” は、エビ中が遠足をテーマに毎年夏に行っている恒例の野外ワンマンコンサート。5回目となる今年は初めて関東甲信越エリア外での開催となり、昨年同様バスツアーも組まれ、全国各地から約1万人のファミリー(エビ中ファンの総称)が“遠足”に参加した。

開場中は昨年に続き「ファミえんラジオ」を実施。開催地である愛知県のラジオ局「ZIP-FM」でナビゲーターを務める堀江美穂を招き、エビ中職員がゲスト出演する様子を、ステージ横の大きなサービスモニターに映し出し、開演を待ちわびるファミリーを楽しませた。

例年行われているイベントの開会宣言は、愛・地球博記念公園の管理所長・佐田信一郎さんが務め、ステージにはご当地・長久手のイメージキャラクター「ナッキー」と「こめこさん」も登場。佐田さんの曲紹介でコンサートの幕が上がった。

イントロに合わせて、色鮮やかなアロハ柄の浴衣調の衣装を身にまとったエビ中がステージ後方から勢いよく登場。「ファミえん」のお家芸ともいえるウォーターキャノンも飛び出し、この日配信がスタートした「FAMIEN’17 e.p.」(i-Tunes総合チャート1位獲得)から、今年の「ファミえん」のテーマソング「HOT UP!!!」を初披露した。

続いて「夏だぜジョニー」「ラブリースマイリーベイビー」「ご存知!エビ中音頭」とサマーチューンを連発。自己紹介をはさんで、安本彩花と小林歌穂による軽快なラップを盛り込んだ「ほぼブラジル」、「マブいラガタイフーン」「制服“報連相”ファンク」と、アイドルらしからぬトラックでさらに夏らしさを演出。

花道に移動して「ザ・ティッシュ~とまらない青春~」、そして愛知と言えばの選曲で「揚げろ!エビフライ」をHyperJuiceによるスペシャルリミックスで披露。メンバーが花道から観客にバケツで水を浴びせるという演出も加わり、コンサート序盤で早くも観客はびしょ濡れになりながらもパフォーマンスを楽しんだ。

中盤のMCでは、廣田あいかが「『仮契約のシンデレラ』ともう1曲、過去5回の『ファミえん』すべてでやっている楽曲はなんでしょう?」というクイズを出題。安本彩花が先日行われた「世界陸上」の話を切り出すと、柏木ひなたが「今年の世界陸上はどこの都市で行われたでしょう?」と問いかけ、「そりゃーあ、“ロン・デ・ドーン”」という無理やりなやり取りから「Lon de Don」が始まる。

「売れたいエモーション!」「キングオブ学芸会のテーマ~Nu Skool Teenage Riot~」「ちちんぷい」とアッパーチューンの連続で、オーディエンスを巻き込んでの大盛り上がりを見せると、小林歌穂から「何言いたいことがありそうな顔してますねー」と振られた中山莉子が「私が言いたいことはただひとつ!」と11枚目のシングル「シンガロン・シンガソン」の発売をサプライズ発表し、ファミリーを喜ばせた。

そして、恒例の中山による「れっつらどん」のコールから「サドンデス」がスタート。ダンスサドンデスが2順する初めての展開に、ファミリーの熱気も最高潮に。「きっとインフィニティー!」「紅の詩」をはさんで、中盤の廣田のMCで出されたクイズの答えとなる「いい湯かな?」をしっとりと歌い上げると、あたりはすっかり夕闇に包まれ、続く「感情電車」「ナチュメロらんでぶー」「まっすぐ」ではエモーショナルな歌声が夏の夜空に吸い込まれていった。

最後は、柏木ひなたが「とっても大切な私たちの曲です」と紹介し、最新作『エビクラシー』のリードトラック「なないろ」で本編を締めくくった。

アンコールでは、「エビ中一週間」「あたしきっと無限ルーパー」に続き、今年の「ファミえん」のテーマ曲「HOT UP!!!」を再演。「最後の曲は、いつも応援してくださっているファミリーに向けて、私たちからの “エール”」と、廣田がグループを代表して感謝の気持ちを伝え、「YELL」を届けた。

最後の挨拶では安本から「11月に11枚目のシングルが発売されます。『エビクラシー』で素敵な順位を皆さまからいただいたんで、この11枚目のシングルも素敵な結果を残して、この先の私たちが目標にしている素敵な夢に届くように、やれることは全部やって、ファミリーの皆さんにずっと応援してもらえるようなグループでい続けたいと思っています。これからも私立恵比寿中学の応援よろしくお願いします」と熱い思いが語られた。そしてエビ中は「私立恵比寿中学の日常(Epilogue):蛍の光(Demo)」を全員アカペラで歌唱し、約2時間45分にわたる公演の幕を閉じた。

なお、この日の模様は、10月29日21時からフジテレビNEXT / フジテレビNEXTsmartにてオンエアされる。

11月8日に発売される11thシングルのタイトルトラック「シンガロン・シンガソン」は、Mrs. GREEN APPLEの大森元貴による書き下ろし楽曲。公演終了直後に立ち上がった特設サイトでは、このほかシングルの概要や新ビジュアルが公開されている。

 

 

 

 

「エビ中 夏のファミリー遠足 略してファミえん in モリコロパーク 2017」
08/26(土)愛知・モリコロパーク(愛・地球博記念公園)
<セットリスト>
【開会宣言】
01. HOT UP!!!
02. 夏だぜジョニー
03. ラブリースマイリーベイビー
04. ご存知!エビ中音頭
【MC】
05. ほぼブラジル
06. マブいラガタイフーン
07. 制服“報連相”ファンク
08. ザ・ティッシュ~とまらない青春~
09. 揚げろ!エビフライ(HyperJuice FAMIEN’17 Remix)
【MC】
10. 金八DANCE MUSIC
11. 中人DANCE MUSIC
12. 頑張ってる途中
13. 誘惑したいや
14. 仮契約のシンデレラ
【MC】
15. Lon de Don
16. 売れたいエモーション!
17. キングオブ学芸会のテーマ~Nu Skool Teenage Riot~
18. ちちんぷい
【MC】 ※11thシングルの発売を発表
19. サドンデス
20. きっとインフィニティー!
21. 紅の詩
【MC】
22. いい湯かな?
23. 感情電車
24. ナチュメロらんでぶー
25. まっすぐ
【MC】
26. なないろ
【MC】
【ENCORE】
SE:ebiture
27. エビ中一週間
28. あたしきっと無限ルーパー
29. HOT UP!!!
【MC】
30. YELL
【MC】
31. 私立恵比寿中学の日常(Epilogue):蛍の光(Demo)

リリース情報
2017.08.26 ON SALE
DIGITAL SINGLE「FAMIEN’17 e.p.」

2017.11.08 ON SALE
SINGLE「シンガロン・シンガソン」

初回生産限定盤A(CD+BD)
初回生産限定盤B(CD+BD)
通常盤(CD)

ライブ情報
エビ中 秋風と鈴虫と音楽のしらべ 題して「ちゅうおん」2017
09/23(土・祝)埼玉・秩父ミューズパーク 野外ステージ
私立恵比寿中学秋田分校
11/11(土)秋田・秋田県民会館大ホール
私立恵比寿中学秋ツアー2017
10/07(土)東京・結城市民文化センターアクロス 大ホール 
10/08(日)栃木・栃木市文化会館 大ホール   
10/15(日)愛知・アイプラザ豊橋
10/21(土)大阪・NHK大阪ホール
10/22(日)大阪・NHK大阪ホール  
10/27(金)神奈川・川崎市スポーツ・文化総合センター
11/03(金・祝)群馬・桐生市民文化会館 シルクホール
11/19(日)山形・やまぎんホール(山形県県民会館)
11/24(金)東京・豊洲PIT

イベント出演情報
BULLET TRAIN 5th Anniversary Special「超フェス」“超”スタダフェス
08月30日(水)東京・豊洲PIT
PIA 45th Anniversary MUSIC COMPLEX 2017
09/09(土)東京・新木場 若洲公園
シミズオクト Presents 氣志團万博2017 ~房総与太郎爆音マシマシ、ロックンロールチョモランマ~ Supported by イオン銀行
09/16(土)千葉・袖ケ浦海浜公園
TOKUFUKU LIVE Connect! Vol.2
10/13(金)東京・新木場STUDIO COAST

「シンガロン・シンガソン」特設サイト
私立恵比寿中学 OFFICIAL WEBSITE



関連スケジュール

今日11/22は、SUPER☆GiRLSの前島亜美さんのお誕生日だよ

<  November 2017   >
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最新ニュース