idol
scheduler
idol information sharing website

ニュース詳細

  • 佐々木千咲子(燃えこれ学園)生誕祭で伝えた、「夢は叶えるもの」。何時かの武道館公演へ向けて…。

  • 公開
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • idol scheduler


 燃えこれ学園が、6月より月2本のペースで始めた「無観客ライブ配信」。7月には、奥原澄香と當銘菜々の生誕祭を。8月は、自粛期間により5月開催が延期になった三浦千鶴と佐々木千咲子の生誕祭を実施。8月公演の2本目として行ったのが、8月11日(火)にライブ配信した「佐々木千咲子 生誕祭」になる。

 お馴染み、メンバー紹介の映像を受け、ライブは「夢幻華」から幕を開けた。華やかで雅な音色へ導かれるように、メンバーたちが妖艶に歌い舞い踊る。今宵の主役であり歌姫の佐々木千咲子を舞台の中心に据え、當銘菜々や熊野はるが彼女に寄り添う形のもと、艶やかな装いを持って燃えこれ学園のライブは一夜の物語を描きだした。



 幕開け時から着ていたのは、「夢幻華」の衣装。佐々木千咲子自身、この衣装が大好きなことから選んだそう。

舞台にいたのが、熊野はる・當銘菜々・佐々木千咲子・蒼音舞・成田麻穂の一期生チーム。このメンバーで披露したのが、「恋時雨」。激しい楽曲に乗せ、メンバーたちが凛々しい声を響かせる。華やかなダンスパフォーマンスを魅せながらも、荒ぶる楽曲へ気持ちをシンクロさせるように5人は力強い声で存在感を示していた。
制服に着替えた奥原澄香・三浦千鶴・高未悠加・稲森のあ、そして候補生の山田みつきが届けたのが、輝く青春模様を映し出した「すき!すき!好き!!」。あふれる恋心をぶつけるように、彼女たちは眩しい笑顔で「好き!」と叫んでいた。観ている人たちは、その言葉をドキドキしながら胸の内で受け止めていたに違いない。最後に5人が叫んだ「大好きだー!」の言葉も、胸にキュッと響いてきた。

映像を受け、彼女たちが披露したのが「シンデレラ・クレイム」。ジャジーなナンバーを、メンバーたちは少し背伸びした姿で妖しく踊りながら、観ている人たちを挑発してゆく。せまるような仕種を魅せながらもそこに愛らしさを覚えるのは、少女と女性の狭間で揺れ動く今の彼女たちらしい姿だから。佐々木千咲子の凛々しい姿など、何時もとは異なる大人びた姿を見せるメンバーらを視線は追いかけていた。
熊野はる、佐々木千咲子、當銘菜々と歌を繋ぎながら届けたのが、「0(zero)」。 観ている人たちの背中をグッと押すように。自分たち自身も、その先に広がる景色へ飛び込もうと想いを込め歌っていた。この曲に触れながら、彼女たちと一緒に今を変え、未来をつかめそうな気持ちになれたのも嬉しかった。続く「Melodious Revolution」でも、躍動する楽曲に乗せ、一人一人が歌詞に込めた想いを力強く響かせるように歌っていた。
前半は、笑顔を抑え目に。触れた人たちの心にエールを送る楽曲を燃えこれ学園は届けていた。それが、この日の選曲を担当した佐々木千咲子自身が今、燃えこれ学園を通して伝えたい想い。

「Re- START」のMV映像をイントロに、彼女たちは最新ナンバー「Re-START」を歌いだす。メンバーたちは、みんな笑顔だ。しかもその笑顔からは、期待に胸を馳せる希望や勇気が伝わってきた。彼女たち自身が、何時も夢を追いかける存在。夢を追いかける人たちにエールを送ると同時に、自分たち自身の心にも、歌詞に込めた想いを深く刻むように歌っていた。

MCでは、リモート参加している仲川つむぎが、コメントとして届いた「今日のライブが生で観れないのが悔しいセトリだ」という声などを、会場のメンバーらへ伝えてくれた。
他にも、メンバーたちが「SSKであいうえお作文」と題し、主役の佐々木千咲子を褒めるコーナーも登場。高未悠加が「スペシャル、素敵な、綺麗なちっさ先輩」と述べれば、當銘菜々は「佐々木さん、佐々木さん、キュンです」と語るなど、いろんな作文が飛び交っていた。

ここからは、佐々木千咲子の生誕コーナーへ。ドレスに着替えた佐々木千咲子は、感謝の手紙を涙ぐみながら読み始めた(#1参照)。

素直な今の気持ちを述べた手紙の朗読に続き、「わたしの心の声(おと)を聞いてください」と語りながら佐々木千咲子が披露したのが、ソロ曲の「Stardust melody」。彼女は、言葉のひと言ひと言を噛みしめるように歌唱。大切な日にこの曲を届けられることへ喜びを覚えながら、佐々木千咲子は歌っていた。曲が進むにつれ、歌声に想いが深く強くなっていく様を、視線が、心がずっと追いかけていた。
 メンバーを呼び入れて披露したのが、佐々木千咲子のイメージである星に関連した「星の記憶が降る夜に。」。佐々木千咲子を中心に、想いを馳せるように歌う一人一人の姿が、夜空に輝く星のようにキラキラ輝いて見えていた。この歌では、メンバーみんながメガネ姿に。
 今宵の主役の佐々木千咲子を祝うように歌ったのが、「お誕生日おめでとう」。生誕祭ではお馴染みの楽曲だ。「今日があるのは出会ってくれたみんなのおかげです」と語り、そこから歌へ。全員がメガネ姿で歌う光景を楽しめたのも、メガネ美人佐々木千咲子の生誕祭だからこそ。みんなに囲まれ破顔しそうな笑みを見せていた彼女の表情も、忘れられない。

生誕祭ではお馴染み、メンバーが想いを寄せた巨大な色紙の授与も。ここで、當銘菜々が佐々木千咲子への手紙を読み出した(#2)。當銘菜々の言葉を聞きながら、佐々木千咲子は涙ぐんでいた。そこから見えてきたメンバーたちの愛しい関係性に、こちらも、もらい涙していた。

 「今、めちゃくちゃ幸せです。燃えこれ学園の夢、絶対に叶えようね!!」。その言葉を受け、最後に、みんなで「校歌」を斉唱。今夜も、忘れたくない素敵な一夜を燃えこれ学園は魅せてくれた。まさに「青春の汗と涙を胸に」観ていた生誕祭公演だった。


最後に嬉しいお知らせが。9月に行われる無観客配信スタイルによる定期公演でも、9月8日に蒼音舞、9月29日に稲森のあ2本の生誕祭を開催。彼女たちもコロナ禍により生誕祭が延期になっていたように、少し遅れての開催にはなるが、こうやってお祝い出来ることが何より嬉しい。そのときの模様もお伝えするので、お楽しみに。


TEXT:長澤智典

★インフォメーション★ 

9月8日(火) 蒼音舞生誕祭
9月29日(火) 稲森のあ生誕祭

*2000人の方へCDお届け企画開催中!
《CD通販サイト》
https://movingexpress.syncsell.jp/re-start-%e7%87%83%e3%81%88%e3%81%93%e3%82%8c%e5%ad%a6%e5%9c%92/

燃えこれ学園 Web
http://moecore.com/
燃えこれ学園 twitter
https://twitter.com/moecoregakuen
燃えこれ学園 BLOG
https://ameblo.jp/moecoregakuen/
燃えこれ学園 YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/user/moecoregakuen


#1 佐々木千咲子の手紙
 
「今日は8月11日、わたしの誕生日は5月です。コロナの影響で延期となっていた生誕祭。最初は、「延期」ということは「もう一つ大切な日が増えるじゃん」と前向きになれていたのですが、「今年はこの情勢だから、生誕祭は出来ないな」といつ言われるか不安な日々でした。もし、その結果になったとしても気持ちを保てるように、正直覚悟をしていました。
わたしは、けっして強い人間ではありません。もともと超がつくほどのネガティブで、変わりゆく情勢に心と身体が追いつくことが出来ませんでした。
この情勢の変化で、意気込んでいた「Re-START」のCDを2000人へお届け企画も、想像していた進み方とは大きく変わり、地元に帰ることも出来なくなり、「地元で直接両親にライブを観てもらえるように頑張るんだ」と言って走ってた気持ちが崩れて、何も手につかなくなったときもありました。
コロナの影響で、アイドルさんたちの解散や卒業のお知らせを観て、「もしかしたら燃えこれ学園もこのまま無くなってしまうんじゃないか」「もう活動は出来なくなって、みんなに会えなくなってしまうんじゃないか」と毎日不安でした。
そんな中で、広報委員のみんな、これまで出会ってくれたみんなが、私たち燃えこれ学園をとても大切に思ってくれていて、支えようとしていることがたくさん伝わってきて、落ち込んでちゃ駄目だと思えて、前を向くことが出来ました。
まだ、みんなには直接会えてないことはとても寂しいですが、2ヶ月半遅れですが、今日生誕祭を無事に迎えることが出来たこと、この時間があることが心の底から嬉しいです。本当にありがとうございます。
今日この配信では、初めてわたしの生誕祭を、地元岩手の家族や友達が観てくれています。両親は、中野サンプラザ単独公演のときに一度会場に来てくれたのですが、7年目にして初めてこういった形で燃えこれ学園のライブを岩手にも届けられていることが、とても嬉しいです。今日をきっかけに、これからもライブを観てもらえたら嬉しいです。
わたしはメンバーの中でも特に故郷愛が強いのかもしれないけど、なかなか地元の友達や両親に、自分の歌っている姿を観せれる機会がありませんでした。今回、配信ライブだからこそ、初めて観てくれている方、久しぶりに観てくれる方、そして、何時も応援してくれるみんなの心にも、燃えこれ学園が色濃く記憶に残る今日であって欲しいと思ってセトリを考えたり、やりたいことや見せたいこと、わたしのわがままを詰め込ませていただきました。
この先、まだまだいろんなことがあるかも知れないです。自分たちの想像していなかった進み方になるかも知れないけど。それでも、あきらめきれない夢があります。一つは、2017年、「Goto武道館」と題して追いかけてきた目標、「武道館単独公演」です。鼻で笑われるかも知れないけど、本気で叶えたいと思った夢だから、わたしはあきらめきれません。いまはその通過点でもある、「2000人の方へCDお届け企画」に苦戦しているのが現状ですが、わたしは燃えこれ学園の活動で「夢は見るものではなく叶えるもの。そして夢は叶う」ことを教えてもらえました。時間は無限ではないです。過去の自分たちの最高を超えていきたいです。武道館単独公演に見合う燃えこれ学園になりたいです。燃えこれ学園と一緒に最高の時間を、これからも過ごしてもらえたら嬉しいです。応援よろしくお願いします。
そしてもう一つは、地元岩手にみんなを連れていってライブをすることです。これもずっと言ってきてますが、あきらめてません。これは社会情勢や、いろんな都合が整わないと難しいと思いますが、それが叶ったときには、みんなで、岩手で会いましょう」


#2 當銘菜々の手紙

「ちっさへ、生誕祭の開催本当におめでとう。そして、あらためてお誕生日おめでとう。ずっと傍でいろんなちっさを見てきて、ちっさの行動力の高さには、素直に「すごい」「負けてられない」って奮い立たせられます。そんなちっさだからこそ、この情勢になってから、ライブは出来ない、フライヤー配りにも行けなくなって、SNSでの活動がメインになった数ヶ月。今までしてきたことが出来なくなって、すごいつらかったよね。
去年の11月、2人で東京を飛びだして名古屋に行ったのも、ちょっぴり懐かしいね。あのとき、「Melodious Revolution」のCDお届け企画をしていて、「よく遠征にも行ってた名古屋のみんなにCDを直接お届したいから行かせてください」って理事長に、それぞれが直談判をしてて。それを知ったときは笑っちゃったけど。なぁなはちっさの存在の大きさをすごく実感した数日間でした。
あのとき本当に1人で行ってたら、なぁなは何もできず、CDも1枚もお届けできなくて心が折れていました。1日目にすべて上手くいかなくって、夜、布団の中で泣いてたわたしに声をかけず、そっとしておいてくれたちっさ。朝になって「一緒に頑張ろう」って言ってくれたひと言、すごく安心したんだよ。ちっさのすごさを目の当たりにしたからこそ、悔しさもいっぱいだったけど、それ以上に、目の前でちっさの頑張りを見れたことがすごく刺激になりました。そのとき目標にしていた100枚をお届できたのは、間違いなくちっさのおかげです。
この間の学園日誌に、燃えこれ学園の生徒会にいるけど、わたしははるさんのようなリーダーではない、なぁなのようなセンターではないと書いてたけど、ちっさに何もないことはないです。書記って何だろうってなるかも知れないけど。みんなが見えないところでスムーズに活動できるようにって裏方の仕事をたくさんやってくれていることを知っています。いつも本当にありがとう。そして何より、あきらめないで頑張り続ける姿にたくさんのパワーをもらってます。
最初はライバルでしかなかったちっさ。今もライバルであることは変わりないけど、それ以上に仲間です。努力はかならず報われる。そう信じて、これからも一緒にたくさんの夢を叶えていこうね。いつもありがとう、大好きだよっ!!」


「Re-START」MV
https://www.youtube.com/watch?v=RTDefcIO4R4

─セットリスト─
「夢幻華」
「恋時雨」
「すき!すき!好き!!」
「シンデレラ・クレイム」
「0(zero)」
「Melodious Revolution」
「Re-START」
「Stardust melody」
「星の記憶が降る夜に。」
「お誕生日おめでとう」
「校歌」

関連スケジュール

もっと見る >